DTIのOCNバーチャルコネクト対応

先日,DTIより,OCNバーチャルコネクトへの対応が発表されました.

現在JPNE経由のIPoEを利用していますので,切り替え方法が載っていないか見てみると,

DTI のIPv6(IPoE)接続サービスをご利用中のお客様
お客様ご自身で準備されたブロードバンドルーターでご利用中の方
『OCNバーチャルコネクト』に対応したルーターが必要となります。2019年7月以降、ご利用中のブロードバンドルーターについてDTIからお客様へアンケートをお願いする予定です。
また、対応した機器一覧をホームページ上で公開する予定ですのでこちら(https://4466.jp/device/)よりご確認ください。

なる記載があるだけで,具体的な切り替え期日や方法は載っていません.

局側設備の切替が必要であろうことが想像つくので,手元機器で切り替えてもだめだろうなぁ・・・とは思います.

ダメ元で実験しました.
既存の設定に以下を上書きしました.

no ipv6 route default gateway dhcp lan2
no ipv6 lan1 address dhcp-prefix@lan2::1/64
no ipv6 lan2 address dhcp
no ipv6 lan2 dhcp service client 
no ngn type lan2 ntt

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on

tunnel select 1
 tunnel map-e type ocn
 tunnel enable 1

当然接続できず.
アンケートやらを待つことにします.

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。